マイナチュレの成分について

マイナチュレは現在国内で販売している中でも最高品質を誇る女性用育毛剤として有名です。

 

 

最高品質というからには、成分にはとてもこだわって作られているはずですが愛用する私達からすれば

 

  • 効果はあるの?
  • 安全性な成分なの?
  • 無添加って本当?

 

といったことが気になる項目ですよね。

 

私自信も気になったので全成分を1つ1つ徹底的に調べてみることにしました。

 

そこで今まで知らなかった事実を発見してしまい、驚きを隠し切れないほどでした。

 

隅々まで記載してありますのでしっかりとご覧になって下さいませ。

 

 

マイナチュレの成分は危険!添加物について

 

 

マイナチュレには無添加との記載があるのですが、化学成分が配合されていることが分かりましたので、危険な成分でないの?ということについて見ていくことにします。

ペンタンジオール

 

さっぱりとして保湿剤としての効果がありますが、その一方で高い抗菌性があり防腐剤としての役割を担っています。

 

基本的に安全性は高く頭皮のトラブルなどの心配は少ないとされています。

 

まれに肌に合わないといったこともあるようなので、デリケートな頭皮の方はパッチテストを実施することをおすすめ致します。

 

ブチレングリコール

 

BGと表記されていることもあり、化粧品や育毛剤などに多く使用されています。
保湿剤としての効果もありますが、植物由来のエキスを抽出する場合に使用される液体です。

 

ブチレングリコールは長期間使用した中においても皮膚や頭皮へのトラブルはほとんどなく、安全レベルは高いと言えます。

 

濃グリセリン

 

濃グリセリンは保湿効果を目的として配合されています。

 

頭皮の潤いを保ってくれる成分で刺激性やアレルギーなどの報告はなく、安心して使用することができるものです。

 

フェノキシエタノール

 

フェノキシエタノールの配合量は1%未満と決められており、この範囲で使用することにおいての安全性は極めて高いというのが見解です。

 

しかし、頭皮の湿疹や皮膚炎を起こしている場合にはまれに悪化してしまうこともあるので注意が必要な場合があります。

 

クエン酸

 

クエン酸はレモンやオレンジなど柑橘系のフルーツなどに多く含まれている酸味成分です。

 

抗酸化作用や血行促進などに効果が期待できるとされています。

 

天然由来のものなので安全性については心配ありません。

 

クエン酸ナトリウム

 

クエン酸とナトリウムとの化合物で、製品の性質を整える為に育毛剤などによく配合されています。

 

食品添加物として私達は食べるものにも含まれているものなので安全性は特に問題ありません。

 

DL−ピロリドンカルボン酸ナトリウム液

 

高い保湿力が期待できる成分ということでヘアケア商品や化粧品などに幅広く使用されているものです。

 

安全面においては世界的に多くの実験が行われていますがそのどれも、皮膚への刺激性は少なく安心できるという結果となっています。

 

ソルビット

 

保湿剤としても用いられますが、マイナチュレに配合されている一番の目的は品質維持です。
糖アルコールの一種で、食品添加物としても使用されています。

 

頭皮に使用した場合には副作用の心配などはないとされている成分です。

 

 

マイナチュレは刺激に強い化学成分は一切配合していない女性用育毛剤です。

 

 

  • パラベン
  • 界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • シリコン
  • 酸化防止剤
  • 香料

 

などは使用していない無添加商品です。

 

しかし、少量ですが添加物が含まれていることは事実ですがその全ての成分は安全性が高く安心して使用できるものだと分かりました。

 

かなりのデリケートな頭皮の方でも問題なく使用できたという口コミもすごく多くありましたよ!(^^)!

 

マイナチュレの公式サイトはこちら

 

有効成分について

 

 

育毛剤に配合されている有効成分については必ずチェックしておくのが常識です。

 

有効成分とは厚生労働省が効果を認定した成分なので、全成分の中でも一番重要なものと言えます。

 

有効成分が配合されている医薬部外品を育毛剤と呼び、そうでないものは育毛エッセンスとして化粧品に分類されます。

 

マイナチュレには

 

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸DL‐α‐トコフェロール
  • センブリ抽出液(センブリエキス)

 

以上の3つの有効成分が配合されています。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用認められている成分で、ニキビケア・ヘアケア商品などに幅広く使用されているものです。

 

 

マイナチュレの目的としては頭皮の炎症を抑え、育毛環境を整えるという役割があります。

 

酢酸DL‐α‐トコフェロール

 

  • 抗炎症作用
  • 血流促進

 

といった効果が期待できる有効成分となっています。

 

頭皮を清潔に保ちながら血流を良くして育毛を促進するといった効果が期待できます。

 

センブリ抽出液(センブリエキス)

 

  • 血行促進
  • 毛乳頭細胞の活性化

 

センブリエキスには以上のような効果があるとされていて、男女問わず育毛剤には多く使用されている成分となっています。

 

 

育毛を促進する効果があり髪のボリュームを戻すといったことに働いてくれる有効成分となっています。

 

その他の植物由来の成分

 

 

マイナチュレは有効成分だけじゃなく、その他にも27種類の天然由来の成分と10種類のアミノ酸が配合されているので詳しく説明していきたいと思います。

 

ビワ葉エキス

 

ビワ葉エキスに含まれているアミグダリンが頭皮の細胞を活性化し、育毛を促進する効果が期待できます。

 

また、血行促進や抜け毛予防にも効果的とされています。

 

海藻エキス

 

海藻エキスは頭皮に良いと昔から言われてきました。

 

頭皮の血流を促進し育毛を促す効果があるとされています。

 

ボタンエキス

 

牡丹かた抽出された植物由来のエキスであり

 

  • 抗炎症作用
  • 血流促進

 

といった育毛に嬉しい2つの効果が期待できる成分となっています。

 

マイナチュレに配合されている2つの有効成分との相乗効果を期待することができる成分です。

 

シナノキエキス

 

化粧品やヘアケア商品によく使用されているエキスです。

 

保湿効果や抗菌効果などが育毛剤に配合されている目的となります。

 

保湿と抗菌効果により頭皮のトラブルを防ぎ、育毛環境を整える役割を担っています。

 

ヒキオコシエキス

 

  • 血行促進
  • 抗酸化作用
  • 抗菌作用

 

などが期待できる万能な植物由来の成分となっています。

 

育毛を促進する血行促進と頭皮の環境を整える抗菌作用のどちらも兼ね備えているエキスです。

 

ヒオウギ抽出液

 

ヒオウギ抽出液にはイソフラボンが含まれています。

 

イソフラボンにはAGA(男性型脱毛症)の原因となっている5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされています。

 

50代以降の女性であってもAGAに悩まされている方はいるので、マイナチュレでもAGAに効果が期待できるということですね。

 

クロレラエキス

 

クロレラエキスには頭皮を若々しく保つ抗酸化作用や潤いある髪質へ導く保湿効果が期待できるとされています。

 

オウゴンエキス

 

保湿と抗炎症作用が期待できるので、頭皮の環境を清潔に保つ役割があります。

 

オウゴンエキスは育毛剤に多く配合されているエキスなのでそれだけ効果も期待できるということですね。

 

ローマカミツレエキス

 

キク科の植物から抽出されるエキスで、消炎効果や抗炎症作用があるとされています。

 

頭皮のフケや痒みをケアし、頭皮のコンディションを整える役割があります。

 

アルニカエキス

 

育毛剤だけでなく、化粧品や医薬部外品などのケア商品にも使用されているエキスです。

 

血行促進による育毛効果・抗炎症作用による頭皮トラブルの予防などに期待できるものとなります。

 

オドリコソウエキス

 

マイナチュレなどの育毛剤に配合される主な目的としては、消炎作用によるフケや痒みなどの予防です。

 

脂漏性皮膚炎にも役立つ成分と言われています。

 

オランダカラシエキス

 

抗菌作用と血行促進効果の両方を合わせもつエキスとなっています。

 

抗菌作用により育毛環境に適した頭皮を保持してくれる役割がある一方で、血流促進による育毛にも効果が期待できます。

 

ゴボウエキス

 

女性用育毛剤に配合されている主な目的としては、フケや痒みを予防して炎症を防ぐ効果が期待されています。

 

セイヨウキズタエキス

 

セイヨウキズタエキスにはサポニン・フラボノイドが含まれており、抗炎症作用・抗酸化作用があるとされています。

 

抗炎症作用による頭皮の清潔を保持し、育毛に適した環境を整えてくれる役割があります。

 

ニンニクエキス

 

名前の通りニンニクから抽出されたエキスです。

 

血流をサラサラにして、頭皮に送り込む働きがあることで育毛を促進する効果が狙えます。

 

マツエキス

 

保湿や血行促進効果があるとされている成分です。

 

消臭・芳香としての役割があることからヘアケア商品に多く使用されています。

 

ローズマリーエキス

 

ローズマリーエキスには抗炎症作用があり頭皮のフケやかゆみの原因となっている炎症を抑えてくれます。

 

血行促進作用もあることから育毛成分として期待できるエキスとなっています。

 

セージエキス

 

シソ科の植物から抽出されたエキスで抗炎症作用に優れています。

 

頭皮の雑菌の繁殖を防ぎ、清潔な状態を保持してくれる働きを担っています。

 

サクラ葉抽出液

 

頭皮の炎症を抑える抗炎症作用が期待できる成分です。

 

ジオウエキス

 

保湿効果・頭皮の血流促進に働くエキスだとされています。

 

頭皮や髪に潤いを与えながら育毛を促進する貴重なエキスです。

 

アロエエキス

 

アロエエキスには炎症を抑える効果が知られていますね。

 

頭皮の炎症を抑えることで育毛環境を整えてくれます。

 

キューカンバーエキス

 

きゅうりから抽出されたエキスで抗炎症作用が期待できます。

 

マイナチュレに配合されている役割としては頭皮の炎症を抑える、ということですね。

 

セイヨウサンザシエキス

 

サンザシというバラ科の植物から抽出されたエキスとなります。

 

血行促進・毛母細胞の活性化への効果が期待されています。

 

セイヨウノコギリソウエキス

 

殺菌作用・消炎作用があり雑菌が繁殖した不衛生な頭皮をケアすることができる成分となります。

 

清潔な育毛環境を整える役割を担っているものです。

 

タイムエキス

 

育毛剤に配合されている理由としては、バリア機能・抗菌作用が主な目的となります。

 

清潔な頭皮を保持できるエキスというわけですね。

 

ラベンダーエキス

 

香料としても使用されているラベンダーエキスは消臭と抗炎症作用があるとされています。

 

ノバラエキス

 

ノバラエキスには血行促進・毛母細胞の活性化と育毛を促進する働きが期待されています。

 

ニンジンエキス

 

ニンジンエキスに含まれているサポニンには血行促進・毛根の活性化と育毛を促進する効果があるとされているのです。

 

10種のアミノ酸成分

 

  • トリメチルグリシン
  • L−セリン
  • グリシン
  • L−グルタミン酸
  • L−アラニン
  • L−リジン液
  • L−アルギニン
  • L−スレオニン
  • L−プロリン

 

マイナチュレには以上の10種類のアミノ酸成分が配合されています。

 

アミノ酸はタンパク質なので髪の毛そのものを作り出す原料となります。

 

当然ながらアミノ酸が不足するとコシのない細い髪の毛となってしまったり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

傷ついた髪や弱った頭皮にアミノ酸成分が浸透することで補修してくれる効果を期待することができます。

 

育毛という観点から見てもアミノ酸が含まれていないことには始まらない!と言っても過言ではないほど重要な成分です。

 

 

 

育毛促進の基本は

 

  • 頭皮の環境を整える
  • 育毛を促進する

 

という2つですが、マイナチュレの全成分は抗炎症作用・血流促進といった効果が期待できる成分がたくさん配合されていることが分かりましたよね。

 

それに10種類ものアミノ酸が配合されているとなると成分を見るだけでも効果が期待できそうですね。

 

マイナチュレの全成分↓

グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロール、センブリ抽出液、精製水、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、濃グリセリン、フェノキシエタノール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、トリメチルグリシン、DL−ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ソルビット液、L−セリン、グリシン、L−グルタミン酸、L−アラニン、L−リジン液、L−アルギニン、L−スレオニン、L−プロリン、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、エタノール、アロエエキス(2)、キューカンバーエキス(1)、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、タイムエキス(2)、ラベンダーエキス(1)、ノバラエキス、ニンジンエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

 

 

マイナチュレの公式サイトはこちら